HOME>ホットトピックス>コンピュータのシミュレーション通りに進める

透明で目立ちにくい働き

診察室

名古屋で受けられるインビザラインは、透明なマウスピースを使用して歯を移動させていく矯正治療です。矯正治療を受ける人、特に外見に気を使わなければならない大人は、従来のワイヤーでは目立ってしまうため難しいです。その点インビザラインであれば、近くで確認してみないと判別できないほどの見た目にすることも不可能ではありません。そしてほぼ全ての時間装着していなければなりませんが、食事やブラッシングなど少しの間であれば外すことも可能です。

自分で交換できる

マウスピース

ワイヤーを使った矯正治療では、歯が移動する度に改めて調整をし直すという作業を繰り返します。しかし名古屋でのインビザラインで使用するマウスピースは使い捨てで、約2週間に1度交換していきます。そのマウスピースは始めに診断した状態からコンピュータでシミュレーションを行い、治療が完成するまでに必要な分をあらかじめ全て作っておきます。なのでスムーズに進められると、途中で型取りをする必要はありません。そして交換自体は特に難しい作業ではないので、治療を受ける人が自分で行えます。したがって治療途中に通院する頻度も、シミュレーション通りに進んでいるかを確認するための1から3ヶ月に1度で済みます。

広告募集中